1. »
  2. »

No.38 介護職に求められる患者家族との関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や家庭との両立でもハードな面が表立ってくる介護職ですが、その業界で働いていて良かったと感じる時も多くあるものです。
その中でも、患者家族の方からいただくねぎらいの言葉は大きなものですが、そこには介護職をやっていく上で課題となることもあります。今回は、介護職をする側と患者の家族との関係に関してみていきましょう。

コミュニケーション能力の向上

患者さんに対しての、あいさつや状態を伝える会話などは積極的にできていても、ご家族に対しても話しやすい環境を作ってあげることができていないと、お互いの信頼関係を築くことはできません。

介護のプロとして信頼していただけるためにも、ご家族がいない間の患者さんの状況報告を簡潔に伝えましょう。内容は食事の様子であったり、夜の睡眠状態など、自分が家族であれば聞いておきたい様子などを伝えてあげることで、ご家族も安心できるはずです。

コミュニケーション能力を上げるには、特に聞き上手になることです。聞き上手になるには「相槌」を打ったりしながらご家族の方の話をきちんと聞いているという表現も必要です。
特にマスクを着用している場合には、口元が隠れてしまいますので、うなずいたりすることも必要でしょう。

また、時にはお仕事をされていると、理解しがたい行動を取る患者さんのご家族もいらっしゃいますので、そのご家族を否定したりせず、ありのまま受け止めてあげ、提案をすることも大切になります。

トラブルの多くは説明不足

介護職員は多くの患者を対応することになるのですが、ご家族の方からすると1対1の関係であるということで考えています。そのような中で職員からすると「これくらいのこと」と思うことが、ご家族からすると「重要なこと」であることもあります。

小さなことを報告するかどうかという事は、ご家族の状況や性格などにもよりますが、コミュニケーションを取っているうちに、その傾向も見えてきますので、傾向に見合った報告方法を職員で統一し、密に連絡をとるご家族には特に気をつけて状況報告を行うよう心がけることが大切です。

説明不足によりトラブルが起こる前に、家族側の立場に立った安心感を得られるような環境を作り、信頼関係を構築することで、お互いに要望や不満を言いやすい関係が作れれば、説明不足という状況は避けられトラブルは軽減することでしょう。

■まとめ

ご家族との関係で信頼を得るには、介護そのものの技術はもちろん重要ですが、コミュニケーションのスキルも磨いていくしかありません。相手の心を気遣うだけでなく、不要なトラブルを避けるためにも、ご家族との会話が重要となります。

Facebookでシェア 2 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ介護職求人

正社員医療法人社団大智会 介護老人保健施設アトレーユうおざき
兵庫県 医療法人社団大智会 介護老人保健施設アトレーユうおざき
施設介護老人保健施設
クリニックが母体の安心の環境★好待遇で働きやすさ抜群の環境です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-7-18
正社員社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 特別養護老人ホーム 万寿の家
兵庫県 社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 特別養護老人ホーム 万寿の家
施設特別養護老人ホーム
有給休暇、特別休暇など休みが充実125日以上取得可能★賞与が高め★
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市西区曙町1070
正社員
非常勤
社会福祉法人 大慈厚生事業会 特別養護老人ホーム 大慈智音園
兵庫県 社会福祉法人 大慈厚生事業会 特別養護老人ホーム 大慈智音園
施設特別養護老人ホーム
★未経験者歓迎★マイカー通勤OKです★様々な施設事業展開しています!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市西区玉津町今津364-61

おすすめコラム

介護業界と労働組合の現状
No.42 介護業界と労働組合の現状

高齢化社会が進む我が国は介護の分野において、今後ますます人材の需要が増えることでしよう。大企業などでは、当たり前のように労働組合がありますが、介護業界ではどうでしょうか?今回は、介護業界における労働組合について考察しましょう。

続きを読む
介護士にとって不安の原因と内容とは
No.5 介護士にとって不安の原因と内容とは

人手不足や待遇面での問題など、様々な課題を抱えた介護業界ですが、介護士にとって毎日の業務を行う上で、不安を感じることも多いと思います。では、どのような時に不安やストレスを感じるのでしょうか、今回はその原因と内容を紹介していきましょう。

続きを読む
介護のポイントとは?
No.22 介護のポイントとは?

高齢に伴い認知症を発症するリスクが高まっていきます。2025年には認知症高齢者が700万人に達するとの推計が出ており、実に65歳以上の5人に1人が認知症になることになります。今回は、介護のポイント「認知症介護」をまとめましたので見ていきましょう。

続きを読む
認知症介護のわがままに対する対応
No.58 認知症介護のわがままに対する対応

突然、家族が認知症と分かったら、本人はもとより周りの家族も戸惑うことでしょう。これから認知症状特有のいろいろな問題・BPSD(周辺症状)が出てきます。今回は、認知症が原因で起こる症状や「わがまま」な言動や行動について考察していきましょう。

続きを読む
短時間勤務で介護現場の人手不足が改善できる
No.57 短時間勤務で介護現場の人手不足が改善できる

子育てまたは介護を両立しながら働くことは、とても難しいことですよね。そんな方のために、働き方改革として短時間勤務ができるように「育児・介護休業法」が1995年に施行されました。今回は、介護職員の短時間勤務について考察していきましょう。

続きを読む
介護の着脱介助方法の注意点とズボンの履かせ方のポイント
No.59 介護の着脱介助方法の注意点とズボンの履かせ方のポイント

介護の業務には「着脱介助・排泄介助・移乗介助・移動介助・食事介助・入浴介助」と色々ありますが、最初のうちは、要領を得ないと難しいものです。今回は、着脱介助・片麻痺の方のズボンの履かせ方の「コツや注意点」について、解説していきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »