1. »
  2. »

No.25 介護現場でのプライバシーの重要性とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の現場でプライバシーの侵害については、とても繊細な問題です。個人保護法などで厳しく個人の情報開示が制限されています。
今回は、介護現場で重要となる個人のプライバシーについてまとめましたので、見ていきましょう。

どこまでがプライバシーの侵害?

結論からいえば、どの施設や事業所でも個人情報保護法・利用者のプライバシーに関する項目が倫理規定の中にあるため、それに沿った介護をすると良いでしょう。

しかし、該当しない事例も出てくることがあります。その場合、介護スタッフが話し合いを行いプライバシー問題について検討することが望ましいです。
さまざまな人がいますので、すべての人が気持ちよく利用できる介護現場を目指すことが大切です。

具体的なプライバシーの侵害の例は下記となります。

  • オムツ交換や着衣交換の際に、ベット周りのカーテンを開けたままにしている。
  • 入浴前後にストレッチャ上の利用者に着衣を着せずに体の一部だけバスタオルで隠して移動している。
  • トイレ誘導時に介助の内容を周りにも聞こえるように声かけしている。
  • トイレ介助時に入り口のドアやカーテンがなく、また排泄している姿が廊下などから他者に見える。
  • 認知症や失語症の方のことを他の利用者に「あの人は、何も分からないから話しかけても無駄だよ」と話をしている。
  • 利用者や家族のこと、家族構成・職歴・病歴などの情報を他の利用者に聞こえるように話をしている。
  • 利用者の家族が病気になったり、亡くなった時に家族より本人には、知らせないで欲しいといわれたが「つい、うっかり」利用者にしゃべってしまった。

このように、プライバシーの侵害の例を見ると、プライバシー=「人としての常識」の範囲といえますし、とくに介護の現場では人間性が重要といえるのではないでしょうか。

介護福祉士が守るべき守秘義務とは?

介護福祉士には「守秘義務」があります。介護の現場で働く上で、その業務に関して知り得た利用者の個人情報などの秘密は他人に漏らしてはいけません。利用者のプライベートの情報を他の利用者に本人の許可なく話してはいけないこと=「秘密保持義務」といいます。

介護福祉士の守秘義務違反の罰則とは?

介護福祉士法では守秘義務違反に違反した場合は、「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」が科せられます。
何気なく他者に話したことが「守秘義務違反」になっているということもありますので介護のプロとして、守秘義務の内容を理解して言動に気をつけましょう。

■まとめ

人と人との関わり合いの中で、守秘義務とプライバシーの問題は守らなければいけない大切なことです。もし、自分や家族が将来介護を必要になった際に気持ちよく介護施設などを利用できるためにも、人と人との関係性を大切にできる場を提供していくことが必要です。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ介護職求人

正社員社会福祉法人三篠会 介護老人保健施設 白木の郷
広島県 社会福祉法人三篠会 介護老人保健施設 白木の郷
施設介護老人保健施設
各種資格取得奨励制度あり!未経験無資格でもご応募いただけます!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県広島市安佐北区白木町小越10230番地
正社員医療法人社団健照会 セオ病院
広島県 医療法人社団健照会 セオ病院
施設病院
未経験・ブランクある方OK!駅から徒歩圏内の好立地の求人です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県福山市住吉町4番1号
正社員医療法人好縁会 グループホームやすらぎ温品
広島県 医療法人好縁会 グループホームやすらぎ温品
施設グループホーム
広島に多くの施設を持たれている医療法人好縁会の求人です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県広島市東区温品7-13-23

おすすめコラム

在宅介護と施設内介護 看護の観点から
No.74 在宅介護と施設内介護 看護の観点から

介護を必要とされる方は、大きく2つのタイプに分けられます。ご自宅でご家族に介護を受けている方と、介護施設で専門スタッフのケアを受けている方です。各々のケースにおいて、介護職員が対応するには困難な看護の役割について見ていきましょう。

続きを読む
介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜
No.54 介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜

介護保険には、さまざまサービスがありますが、利用者自身に合ったサービスを利用するために事前にサービスの内容を理解しておく必要があります。 今回は、自宅で利用できる訪問介護サービスとその他のサービスについて解説しましょう。

続きを読む
介護職におけるキャリアラダーとは?
No.17 介護職におけるキャリアラダーとは?

介護福祉士として、または、無資格・未経験で施設などで働き経験を積んで資格を取得する場合、どのような段階を踏めばよいのでしょうか?今回は、キャリアラダーと言う介護士のキャリアを段階的にキャリアアップしていくことについて解説していきましょう。

続きを読む
介護職3年目の壁とキャリアアップ
No.72 介護職3年目の壁とキャリアアップ

介護職員にとって、3年というのは大きな意味を持ってきます。その一つが現場での責任が増すということでしょう。介護福祉士の受験資格が得られる時期でもあります。この時期、介護職員にとって注意すべき点や目指す方向について書いていきたいと思います。

続きを読む
介護の現場で活躍が期待されるロボットスーツ
No.43 介護の現場で活躍が期待されるロボットスーツ

介護の現場では、高齢者の増加と介護従事者の人手不足が問題となっています。その解決策として、介護ロボットの活用が期待されています。今回は、そのロボットスーツについて考察していきましょう。

続きを読む
介護におけるキャリアのレベルとは?
No.10 介護におけるキャリアのレベルとは?

皆さんは「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」を聞いたことがありますか。今回は、介護の現場で働く新人介護士からのキャリアアップとベテランの介護福祉士のレベル認定制度について解説していきたいと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »