1. »
  2. »

No.95 介護で連携が大切な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業所には、介護職以外にも医師・看護師・生活相談員・介護支援専門員・理学療法士や作業療法士・栄養士など様々な専門職がいます。今回は介護職員間の連携を含め、同じ事業所内で働く他職種とどのようにチームとして、連携を取りながら業務しているのかを見ていきましょう。

介護職員同士の連携は重要


介護事業所内で「連携=チームワーク」は大切です。業務を行う際に、例えばオムツ交換や排泄介助などをしていて手が離せない場合にも、ナースコールが鳴って他の利用者から呼ばれることがあります。このような時は、手の空いた介護職員が連携を取って介助の手伝いをしたり利用者の対応をします。

また、介護職員の中でも経験者や新人職員などもいて、介護技術のレベルも様々で排泄介助やオムツ交換などが苦手ということもあります。職員間で苦手意識や介護技術を向上していくように、経験者やチームリーダーが中心になって指導したりすることで、スムーズな業務が出来ます。そこから「連携=チームワーク」が良くなり、お互いを高めていくことで向上心も生まれてきます。

介護職員と看護師との連携

介護の現場においてもっとも連携を取るのは、看護師ではないでしょうか。看護師の主な仕事は利用者のバイタルチェックをすることで健康状態を把握し、また医師の指示のもと点滴・注射・与薬・処置などを行います。
一方で、介護職員は毎日利用者の介助をする仕事ですので、最も利用者に近い存在だと言えるでしょう。介護職員は、毎日の介助をしていて観察する中で、利用者の体調不良や心身の些細な変化に気付くことが早く、それらの情報を直ぐに看護師に伝えることが重要となってきます。そうすることで素早い対応や処置が可能となります。

他職種とのチームケアが必要な理由


介護の現場他、「職種連携」や「チームケア」とよく耳にすることがありますが、どのような連携なのでしょうか?

例えば、床ずれ(褥瘡)の利用者を例にとって考えてみましょう。
床ずれの原因には、寝たきり状態になり自分で寝返りができない方が多く、長時間同じ姿勢で寝ていて血流が悪くなり、骨の突起物に多く発症します。それ以外にも、「栄養状態、関節拘縮、浮腫、多汗、尿や便失禁」などの要因も複合的に関わりあって床ずれとなります。
床ずれの治療には、介護職員だけでなくチームケア連携して対応することが重要で医師、看護師、栄養士、理学療法士などと共に様々な専門職が関わってきます。

■まとめ

介護の現場では利用者1人1人の毎日の心身の状態や健康管理をしながら、利用者がレクレーションやコミュニケーションを通して、生きがいを持って日々過ごせるよう介護職員間の連携はもちろんのこと、各専門職との連携を取りながら介護の仕事を行うことが重要です。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ介護職求人

正社員医療法人社団 静和会 介護老人保健施設 エル・クォール平和
北海道 医療法人社団 静和会 介護老人保健施設 エル・クォール平和
施設介護老人保健施設
西区平和地区にある、職員教育に力を入れている老健施設から募集有です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市西区平和2条11丁目2番5号
正社員社会福祉法人栄和会  特別養護老人ホームあつべつ南5丁目
北海道 社会福祉法人栄和会  特別養護老人ホームあつべつ南5丁目
施設特別養護老人ホーム
★心のこもった最大限のおもてなしを提供しております★
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市厚別区厚別南5丁目975-44
正社員社会医療法人共栄会 グループホームまいホーム川北2番館
北海道 社会医療法人共栄会 グループホームまいホーム川北2番館
施設グループホーム
仕事とプライベートの両立がしやすいグループホームの求人です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市白石区川北1条3丁目7-18

おすすめコラム

臥床(ねどこ・がしょう)から学ぼう!介護のノウハウ
No.90 臥床(ねどこ・がしょう)から学ぼう!介護のノウハウ

介護や医療の現地では「臥床(ねどこ・がしょう)」という言語を良く耳にしますが、正しい使い方についてご存知でしょうか?今回は、「寝ること・臥床」をテーマに、体の不自由な方への介護の手順や必要性について解説していきたいと思います。

続きを読む
歩行を補助してくれる介護用品 ピックアップ歩行器とは
No.78 歩行を補助してくれる介護用品 ピックアップ歩行器とは

介護における歩行器とは、自身の足で歩く際の補助や訓練のために使用されます。病気や高齢などの理由で、体の機能が思うように動かないようになると、行動範囲が狭くなることがあります。今回は独歩自立を促してくれる歩行器について調べていきましょう。

続きを読む
介護職の介助について
No.93 介護職の介助について

介護職の主な仕事内容の中には「身体介助」というものがあります。大きな枠組みの「介護」と個別の「介助」との違いや、それぞれの場面での「介助」を詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む
介護現場での事故報告書の書き方
No.44 介護現場での事故報告書の書き方

介護事業所において、サービス提供中に事故が発生した場合、所在する市町村へ報告する義務があります。今回は、私が経験した事故事例も交えて、事故報告書の書き方について解説しましょう。

続きを読む
介護現場で申し送りを時間短縮する工夫とは?
No.13 介護現場で申し送りを時間短縮する工夫とは?

介護事業所では、毎日の申し送りはとても重要です。特にシフト制で日勤や夜勤がある介護施設だと、介護職員が変わる際に利用者の「心身の状態把握を伝えるため」に大切な業務です。今回は介護の申し送りの工夫を中心にまとめましたので、見ていきましょう。

続きを読む
介護の現場で行われているレクリエーションの効果
No.47 介護の現場で行われているレクリエーションの効果

デイサービスや介護施設では、さまざまなレクリエーション(以下レクという)が行われています。その形態や内容は、それぞれ介護職員が工夫を凝らしたものが多くあります。 今回は、レクの目的とその効果について考察してみましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »