1. »
  2. »

No.29 介護・介助の意味 ~介助の注意するポイントとは?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護と介助この双方の言葉の意味は何が違うのか、よく分からない方も多くいるのではないでしょうか。今回は、介護と介助の違いと実際の介護現場で介助する際の注意点について書いてみました。

介助・介護の意味とは?

介助とは、高齢者や障害者・病気などで日常生活に支障をきたした方の生活をサポートすることをいいます。また、高齢者などを例にとると、食事・入浴・着脱・排泄・歩行・移乗・移動などのお手伝いをイメージすると分かりやすいです。

介護とは、高齢者や障害者・病人などの世話をするという意味です。サポートの範囲は、身体介助以外にも精神的な面からも援助し、生活の質を向上させるのも含めて全体的な面からの支援・介助を総称して介護といいます。

以上のことから「介助」とは実際に本人の食事やトイレ、お風呂を手助けする「サポート」=「日常生活を助ける」といえます。一方「介護」とは、日常生活の自立を目指す行為全般といった「広い意味」を持っています。

介護と介助の意味が理解できた上で、介助の方法(ポイント)について見ていきましょう。

食事介助で注意すべきポイント

  • 食事が自立している方は、できるだけ自力摂取ができるよう介助せず促しましょう。
  • 一部介助では、見守りしながら自力摂取を促してできないときだけ介助しましょう。
  • 全介助で、座位保持が難しい方は、イスなどにクッションなどを使って正しい姿勢を保ち飲み込みを確認し、食べ物を口へ運ぶタイミングに注意して介助しましょう。
  • ベッド上で寝たきりの方の食事介助は、ベッドを起こして仰臥位(上を向いて寝た状態)で角度は60度に保ち、あごの位置を前向きにして、特に誤嚥に注意しながらよく観察しながら行いましょう。
  • 麻痺がある方であれば、食べ物を口まで運んであげてキチンと飲み込みを確認し、誤嚥に気をつけましょう。

入浴介助で注意すべきポイント

  • 入浴前には、バイタルチェックを行い体調の確認を行いましょう。
  • 脱衣場は、濡れていることが多く滑り止めマットを設置しましょう。また、入浴場や入浴用のイスも常に濡れていますので、転倒などには十分気をつけて介助しましょう。
  • 冬などは、気温が下がっていますので入浴場と着衣上の気温差のないように工夫しましょう。
  • 入浴中は、利用者の皮膚の状態や床ずれがないか確認しましょう。

排泄介助で注意すべきポイント

  • トイレまで移動する際には、転倒に注意しましょう。
  • 一部介助で立位が不安定の方には、二人で介助しましょう。
  • トイレでは、他の利用者から見えないようにプライバシーに配慮しましょう。
  • オムツ交換の方の介助は、相手のプライドを傷つけないように心がけ、異性に抵抗感がある場合は、同性の方が介助を行った方が良いでしょう。

着脱介助で注意すべきポイント

  • 自分で着替えができる方は、できるだけ自分で着替えをするように見守り、促しできない部分だけ介助しましょう。
  • 麻痺がある全介助の方でしたら脱ぐときは健側の袖から、着せるときは患側から行い着替え中の骨折や剥離を防ぐためゆっくりと介助しましょう。

歩行介助で注意すべきポイント

  • 歩行が安定している方でも、少しの段差で転倒に繋がることがありますので、側について相手の歩くペースに合わせて見守り介助しましょう。
  • 視覚障害者の場合は、介助者は利用者に肘を持ってもらい常に声掛けしながら歩行介助しましょう。
■まとめ

今回は、介助のポイントについて解説してきましたが、介助の技術もとても大切なことです。しかし介助で注意しなければいけないことは利用者に不快感や苦痛を与えずいかに安全な介助を行えるのかということです。

Facebookでシェア 4 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ介護職求人

正社員医療法人明和会 大野浦病院
広島県 医療法人明和会 大野浦病院
施設病院
嬉しい賞与4.0ヶ月分♪年間休日121日♪ワークライフバランス◎
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県廿日市市丸石二丁目3-35
正社員医療法人信愛会 老人保健施設しんあい
広島県 医療法人信愛会 老人保健施設しんあい
施設介護老人保健施設
実労働7.5時間!高収入♪年間休日多めでライフワークバランス◎
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県広島市安佐南区伴東7丁目9-3
正社員
非常勤
医療法人三宅会 デイケア三宅
広島県 医療法人三宅会 デイケア三宅
施設その他
三宅会グッドライフ病院の中にあるデイケアでのお仕事です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県広島県福山市東町1-1-18

おすすめコラム

在宅介護と施設内介護 看護の観点から
No.74 在宅介護と施設内介護 看護の観点から

介護を必要とされる方は、大きく2つのタイプに分けられます。ご自宅でご家族に介護を受けている方と、介護施設で専門スタッフのケアを受けている方です。各々のケースにおいて、介護職員が対応するには困難な看護の役割について見ていきましょう。

続きを読む
30代から介護職へ挑戦
No.23 30代から介護職へ挑戦

介護職へ転職するきっかけは「人に喜ばれる仕事がしたかった」「お年寄りと話をするのが好き」「介護職は、人手不足で給与アップが期待できる」といった様々な理由があります。今回は、私が30代から介護業界に転職しキャリアアップした事例を紹介します。

続きを読む
介護現場の無資格から、国家資格の介護福祉士を目指そう
No.21 介護現場の無資格から、国家資格の介護福祉士を目指そう

介護の仕事をしていて無資格からでも介護福祉士の国家資格を取得するには、どのようにしたら良いのか何でいる方もいるはずです。今回は、介護福祉士の国家資格を取得するための方法について紹介します。

続きを読む
介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜
No.54 介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜

介護保険には、さまざまサービスがありますが、利用者自身に合ったサービスを利用するために事前にサービスの内容を理解しておく必要があります。 今回は、自宅で利用できる訪問介護サービスとその他のサービスについて解説しましょう。

続きを読む
介護福祉士と看護師の大きな違いは何?
No.62 介護福祉士と看護師の大きな違いは何?

施設介護においては、介護士と看護師などの配置が義務付けられていますが、両者の違いとは、どのようななものでしょうか?今回は、施設で働く介護福祉士と看護師の業務内容や役割の違いについて考察してみましょう。

続きを読む
在宅介護において介護保険が利用できる外出支援サービス
No.19 在宅介護において介護保険が利用できる外出支援サービス

施設介護・在宅介護と要介護者にとって利用する介護保険のサービスは様々ですが、在宅介護で一定の条件を満たせば介護保険でのサービス費が適用されることがあります。では、どのような条件でサービス費が利用できるのか解説してみましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »