1. »
  2. »

No.59 介護の着脱介助方法の注意点とズボンの履かせ方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の業務には「着脱介助・排泄介助・移乗介助・移動介助・食事介助・入浴介助」と色々ありますが、どの介助も最初のうちは、要領を得ないと難しいものです。今回は、着脱介助の中でも片麻痺の方のズボンの履かせ方の「コツや注意点」について、解説していきましょう。

着脱介助とは?

着替えを介助する行為ですが、認知症の方や片麻痺などで自分では衣服を脱いだり着たりすることが困難な方を介助することを言います。訪問介護や施設介護で食事の後などには特に衣服が汚れることが多いため、こまめに着替えをすることで利用者さんの清潔保持のためには、欠かせない介助です。また入浴介助においても着脱介助は必要不可欠です。

ズボンの着脱介助の注意点

ズボンを履かせる介助は、トイレでの排泄介助後や居室でのズボンの着替え・入浴後に行うことが多いのですが、ズボンの着脱介助は立位保持(立つことができる)が可能でしたら手すりなどをしっかり掴んでもらいながら、転倒予防に十分に注意して行いましょう。

着脱介助の注意点

○認知症の方の着脱介助
認知症の方の着脱介助で注意することは、衣服の着脱方法は分からないが、身体的には問題がなく介護士が一緒になって介助をすれば着脱が可能の場合、利用者本人に声かけしながら少しの介助で衣服を脱いだり着たりするようにしましょう。それが利用者本人の自立支援に繋がり身体機能の低下予防になります。

○片麻痺がある方の着脱介助
片麻痺がある方でしたらできるだけ、イスなどに座らせて座位保持が安定した状態で行い麻痺側に倒れることがありますので、介護士が常に側について着脱介助を行います。出来れば転倒予防のため2人で行う方が良いでしょう。

○完全麻痺の方の着脱介助
完全麻痺の方でしたら、上半身(上肢)・下半身(下肢)ともに麻痺があり、拘縮や伸展がある場合、着脱介助をおこなうのは骨折やケガなどに繋がるリスクがありますので、2人で介助を行う方が良いでしょう。

片麻痺の方の着脱介助の基本は「脱健・着患」

「脱健着患」とは、衣服やズボンなどを脱がす介助の場合、健側から脱がして次に患側を脱がしておこないます。着せる時には、患側から着せて次に健側をつけさせていくように介助します。基本通りに行うことで麻痺側の腕や足に負担をかけずに、また、ケガや骨折予防になります。

私の体験談(着脱介助について)

着脱介助は慣れないと、とても難しい介助です。施設には色々な方がいて、元気な方や認知症で入浴拒否をする方・片麻痺や完全麻痺の方と様々です。私が勤めていた介護老人保健施設でも、例外ではありませんでした。
新人の時は、仕事に慣れるまでは麻痺のない方の介助を1人で任せてもらっていたのですが、片麻痺、完全麻痺の方の着脱介助は先輩介護士に付いてもらい、一緒に行ったものでした。それでも慣れないうちは、介助が終わる頃には、汗びっしょりになっていました。
介護士にとって様々な介助がありますが、特に着脱介助は基本をしっかり押さえて安全な介助を行うことの重要性を感じました。

■まとめ

着脱介助は、声かけをしながら相手のできる範囲内は自分で着脱してもらい、安全に行うのが基本となります。また、片麻痺のある方に対しては「脱健着患」を守り、完全麻痺の方には、2人で介助することが介助される方も不快感なく、安全な着脱介助につながることでしょう。

Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ介護職求人

正社員
非常勤
医療法人真和会 老人保健施設プリオール
大阪府 医療法人真和会 老人保健施設プリオール
施設介護老人保健施設
仕事と家庭との両立もしやすい働きがいのある職場です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
大阪府大阪市鶴見区中茶屋2丁目1-22
正社員社会福祉法人福祥福祉会 デイサービスセンター豊泉家桃山台
大阪府 社会福祉法人福祥福祉会 デイサービスセンター豊泉家桃山台
施設デイサービス
残業少なめ!日勤のみ!活気のあるデイサービスで働いてみませんか♪
【募集職種:機能訓練指導員】
大阪府豊中市上新田3-10-36
正社員株式会社ビオネスト デイサービス笑楽 西田辺
大阪府 株式会社ビオネスト デイサービス笑楽 西田辺
施設デイサービス
高額のデイサービス求人★有給消化推奨!お休みを取りやすい環境です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
大阪府大阪市阿倍野区阪南町7-8-1 デイリーカナートイズミヤ西田辺店2階北側

おすすめコラム

介護業界の人手不足の現状と対策
No.52 介護業界の人手不足の現状と対策

日本はここ数年、IT産業・飲食業・サービス業など多くの職種や企業が人手不足の問題に直面しています。介護業界も例外ではありません。求人を出しても人材が集まらない現状が続いています。今回は、介護業界の人手不足の現状について考察してみましょう。

続きを読む
介護の現場で行われているレクリエーションの効果
No.47 介護の現場で行われているレクリエーションの効果

デイサービスや介護施設では、さまざまなレクリエーション(以下レクという)が行われています。その形態や内容は、それぞれ介護職員が工夫を凝らしたものが多くあります。 今回は、レクの目的とその効果について考察してみましょう。

続きを読む
介護のポイントとは?
No.22 介護のポイントとは?

高齢に伴い認知症を発症するリスクが高まっていきます。2025年には認知症高齢者が700万人に達するとの推計が出ており、実に65歳以上の5人に1人が認知症になることになります。今回は、介護のポイント「認知症介護」をまとめましたので見ていきましょう。

続きを読む
要介護認定における介護の区分(等級)
No.20 要介護認定における介護の区分(等級)

介護保険における介護度の区分は「要支援1から要支援2」「要介護1から要介護5」と心身の状態に応じて7段階に分けられています。その7段階に区分される介護の等級はどのように決まるのか、その流れについて解説していきましょう。

続きを読む
介護においてデイケアの役割
No.34 介護においてデイケアの役割

病院からの退院後、身体や言語などに障害が残った方に対して、自宅から通いながら理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが、リハビリを行うサービスです。 今回は、デイケアの行うリハビリや他のサービスについて説明していきましょう。

続きを読む
介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜
No.54 介護保険の在宅サービスのいろいろ 〜訪問介護編〜

介護保険には、さまざまサービスがありますが、利用者自身に合ったサービスを利用するために事前にサービスの内容を理解しておく必要があります。 今回は、自宅で利用できる訪問介護サービスとその他のサービスについて解説しましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »