1. »
  2. »

No.163 介護士の声かけ 障害別の基本ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の現場において利用者との信頼関係をつくる上で、声かけはとても重要になります。基本となるポイントは、ゆっくり、はっきりを心がける事です。今回は障害のタイプに合わせた介護士の声かけについて、掘り下げて見ていきましょう。

認知症の方へのポイント

認知症の方は、障害の程度によって症状が大きく変わります。例えば軽度の方であれば、物の名前や人の名前が出て来なかったり、数分前の出来事が思い出せなかったり、逆に同じ話を繰り返すなどの症状が現れます。

これが中等度になると68%はアルツハイマー病にかかり、家族や友人を認識しにくくなる、幻覚や妄想が起こる、他人の言う事の理解が難しくなる特徴があり、重度では完全に言葉を話せなくなったり、運動機能に支障をきたしたり、介護を拒否するなどの症状が見られます。

それらを踏まえて、声かけの重要なポイントはいくつか有りますので、下記を参考にしていきましょう。

  • 1.笑顔でゆっくりとした声かけで問いかける。
  • 2.ここはどこで、自分が誰なのか、どうして話しかけているのかを伝える。
  • 3.何に対して不安や不満を思っているのか聞いて、その気持ちに対して寄り添う。
  • 4.相手が言葉を発しなくても感情は伝わると考えて、笑顔で丁寧に声かけをする。
  • 5.手を握る、背中をさするなどをしてスキンシップを取りながら安心感を与える。

言語障害の方へのポイント

脳出血や脳梗塞の後遺症は言語障害で失語症の方が多くおられます。言語障害(言葉が出ない、呂律が回らない)には2つの症状に分けられます。失語症と、構音障害です。失語症は会話のキャッチボールが上手くいかないなどの状態がみられます。構音障害は、会話の内容は正しいが、口唇や舌の運動麻痺によって、呂律が回らないなどの症状がみられます。

そのためコミュニケーションが取りづらく、スムーズに介護が出来ないこともあるでしょう。そこで、言語障害(失語症や構音障害)の方とのコミュニケーションのコツをお伝えします。

  • 1.「お話してもいいですか?」と確認してから話を始める
  • 2.返答しやすい質問や、選択肢で伝える方法を取る
  • 3.よく知っている言葉を使う
  • 4.話題を混合させない
  • 5.メモを活用する
  • 6.代弁はしない

視覚障害者の方への声かけ

正面から気配を感じ取ってもらってから、話すことがポイントになります。それは、視覚障害の方にいきなり話しかける事は、私たちが後ろから驚かされたような衝撃に匹敵するからです。

また、話す内容は具体的に分かりやすく伝える必要があります。例えば、「右手側に5メートル進むとトイレがあります」という風にイメージしやすい数字などを使うことです。決して「あれ」「それ」などの指示語は使用しないように気を付けましょう。

誘導する時にも、いきなり手に触れる身体に触れるのはタブーになります。事前に声かけをする事が重要です。例えば「これから案内しますので、右手をお借りします。」などの声かけを行いましょう。

お手伝いする方法が分からない場合は、本人に聞いてみるのも良いです。「何かお手伝いできることはありますか?」「もしよろしければ、案内しましょうか?」と相手に選択できるような声かけを意識しましょう。

■まとめ
声かけの基本はゆっくり、はっきりを心がけることですが、障害に合わせた声かけをする為には、障害を理解する事から始まります。信頼性をもってもらい、安心感を与えるような声かけをしていきましょう。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

札幌市のオススメ介護職求人

正社員医療法人社団豊生会 介護老人保健施設ひまわり
北海道 医療法人社団豊生会 介護老人保健施設ひまわり
施設介護老人保健施設
★病院併設の介護老人保健施設、4週8休の施設求人です!★
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市東区東苗穂3条1丁目2-18
正社員有限会社アイ 真駒内の丘
北海道 有限会社アイ 真駒内の丘
施設グループホーム
明るく開放的な施設で利用者さんのケアに携われますよ♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市南区真駒内柏丘8丁目7番1号
パート
(非常勤)
社会福祉法人ノテ福祉会 小規模多機能型居宅介護 ノテ平岸
北海道 社会福祉法人ノテ福祉会 小規模多機能型居宅介護 ノテ平岸
施設小規模多機能型施設
豊平区にある小規模多機能型施設でパートさんの募集です!土日休み♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
北海道札幌市豊平区平岸5条15丁目1番2号4

おすすめコラム

介護福祉士と看護師の大きな違いは何?
No.62 介護福祉士と看護師の大きな違いは何?

施設介護においては、介護士と看護師などの配置が義務付けられていますが、両者の違いとは、どのようななものでしょうか?今回は、施設で働く介護福祉士と看護師の業務内容や役割の違いについて考察してみましょう。

続きを読む
介護の魅力・やりがいを感じた理由とは?
No.68 介護の魅力・やりがいを感じた理由とは?

介護の仕事というと、何かとハードな仕事というイメージがあるのですが、それでも介護に魅力を感じて仕事を選んだ方が多いのもまた事実です。その魅力や理由は何でしょうか? 今回はそれらを考察してみましょう。

続きを読む
介護に必要なチェックリストのジャンルとは?
No.71 介護に必要なチェックリストのジャンルとは?

チェックリストとは、65歳以上の高齢者が私生活や自分の健康管理状態を振り返り、以前より出来ないことが増えていたり、やりにくくなったことはないかをチェックすることの内容が決まっているものです。具体的にどのようなチェックを行うのでしょうか。

続きを読む
どう影響する?介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは
No.150 どう影響する?介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは

介護士の人手不足や労働環境の悪化に伴う離職率の上昇は、常に危惧されています。そんな中で立ち上がった国のプロジェクト「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」は、介護士や施設(事業所)にどう影響するのか。同制度について簡単に解説します。

続きを読む
介護士の労働環境問題 ~改善への取り組みとは~
No.149 介護士の労働環境問題 ~改善への取り組みとは~

介護士の労働環境問題は様々なところで危惧されており、今後も深刻な問題・課題として残ってゆくことでしょう。今回は自身の適性や、将来性を考えて「どのような取り組みが出来るのか」「どのような施設で働けばよいのか」をご紹介します。

続きを読む
介護士に許される医療行為の範囲
No.135 介護士に許される医療行為の範囲

高齢者を介護する現場では、以前から医療行為とされている行為も求められる場面があり、度々問題視されていました。しかし、介護職は原則として、医療行為をする事は許されていません。今回は介護士に許される医療行為の範囲について解説します。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »