1. »
  2. »

No.44 介護現場での事故報告書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業所において、サービス提供中に事故が発生した場合、所在する市町村へ報告する義務があります。今回は、私が経験した事故事例も交えて、事故報告書の書き方について解説しましょう。

事故を起こさないためにはヒヤリハット報告書が重要

最近では、どの企業でも注目されてきた「ヒヤリハット」ですが、事故にはならなかったものの、一歩間違えば事故につながる恐れがある行動や介助方法を「ヒヤリハット」といいます。

介護現場では、未然に事故を防止するためのリスク管理をするために、ヒヤリハット報告書を提出して、その事例を他職種も含めたスタッフで「どの様にしたら事故が起きないか」などの対策方法を検討して、それを全員で共有し今後の介助に繋げます。

もしも事故が起きてしまった場合、事故報告書は市町村などの行政機関に提出しますが、行政側は事故に対して、適切な対応や再発予防策が行われているのかをチェックし検証します。

事故報告書に、実際に起きた事故の内容や対応を正確に書くことも大事ですが、毎日のケース記録や看護記録にも必ず書きましょう。

記録の書き方のポイント

事故報告書の書き方は、基本である「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どの様に」に従って、自分の主観を入れずに「見たままを客観的に書く」「できるだけ短く」書くことが大事です。

報告書は、事業所の職員だけでなく家族や行政の方も見ますので、理解できるように書かなければいけません。また、分かりづらい専門用語などは、使わないようにしましょう。

体験事例からみた報告書の書き方

私が施設で勤務していたころに、事故が起きた時の体験を参考に事例を書いて、報告書の書き方を紹介しましょう。

◎事例
夜勤帯で定期的に巡回していると、トイレの中で「うーうー」という声が聞こえたので、トイレに行ってみると便器の前で倒れているAさんを発見した。直ぐにナースコールを押して看護師を呼んだ。車イスにはブレーキがかかっていない、その間、利用者に声掛けして状態確認をする。しばらくすると看護師が来て、バイタルチェックやケガなどないか確認する。

トイレが済んで立ち上がり、車いすに座ろうとしたが滑り落ち、車イスのブレーキの掛け忘れが転倒したことが原因と思われる(推測)

本人から聞くことができない場合、このような推測などの主観は、最後に書くとよいでしょう。

◎報告書の書き方の例
【いつ】夜間2時の定期巡回で
【どこで】トイレの便器前
【どのように】横向きに倒れている
【だれ】利用者Aさんを発見する
【なにをした】直ぐにナースコールで看護師を呼ぶ、その間、利用者Aさんに声掛けし状態観察する。看護師にてバイタルチェックと全身の状態観察をする。バイタルサイン測定異状なし、特に目立った外傷なし。

※ありのまま見たままを客観的に書くのがポイントです。

■まとめ

介護事業所において、日々の介助中での「ヒヤリハット」について話し合うことは、事故の予防策やリスクを回避するために、介護職員だけでなく全職員が共通理解を持って、できるだけ重大事故につながらないようにしたいものです。

Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

広島県のオススメ介護職求人

正社員特定非営利活動法人 エルダーサポート協会 グループホーム愛の郷 引野
広島県 特定非営利活動法人 エルダーサポート協会 グループホーム愛の郷 引野
施設小規模多機能型施設
無資格・介護業界未経験の方でも安心して働くことができます!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県福山市引野町北5丁目22-5
正社員有限会社かざぐるま グループホームはるかぜ
広島県 有限会社かざぐるま グループホームはるかぜ
施設グループホーム
JRあき亀山駅から徒歩圏内!アットホームで働きやすい環境です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県広島市安佐北区亀山南二丁目8-20
正社員医療法人社団 黎明会 さくらの丘クリニック
広島県 医療法人社団 黎明会 さくらの丘クリニック
施設その他
夜勤はありません!有床診療所にて日勤のみの勤務です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
広島県福山市駅家町大字法成寺108番地

おすすめコラム

安全安定な介護は身体の起こし方から始まる
No.3 安全安定な介護は身体の起こし方から始まる

介護の基本となる移動、移乗動作。慣れないうちは、上半身だけを使って移乗・移動動作をしがちです。このような介助方法を一日に何度も行っていると腰痛の原因にもなりかねません。今回は、移乗・移動の基本について解説していきましょう。

続きを読む
介護においてデイケアの役割
No.34 介護においてデイケアの役割

病院からの退院後、身体や言語などに障害が残った方に対して、自宅から通いながら理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などが、リハビリを行うサービスです。 今回は、デイケアの行うリハビリや他のサービスについて説明していきましょう。

続きを読む
介護現場でのプライバシーの重要性とは?
No.25 介護現場でのプライバシーの重要性とは?

介護の現場でプライバシーの侵害については、とても繊細な問題です。個人保護法などで厳しく個人の情報開示が制限されています。今回は、介護現場で重要となる個人のプライバシーについてまとめましたので、見ていきましょう。

続きを読む
認知症への尊厳意識は良質な介護の出発点
No.6 認知症への尊厳意識は良質な介護の出発点

以前は、認知症に対する知識や考えがそれほどなく、安易な見方をしていたものです。ここ数年で認知症に対しての症状などの対応や見方・考え方が変わってきました。今回は、認知症になった高齢者の尊厳について解説していきましょう。

続きを読む
介護ストレスとは? ~その対策と解消方法を考える~
No.36 介護ストレスとは? ~その対策と解消方法を考える~

超高齢化の日本において、自宅(在宅)で親の介護、または、老老介護をしていて、どの様なストレスを感じているのでしょうか。介護の対策とストレスの解消方法について解説しましょう。

続きを読む
介護サービスの施設介護と居宅介護の種類
No.28 介護サービスの施設介護と居宅介護の種類

介護が必要になったらまず、市町村の介護係の窓口で申請を行い、介護認定を受けることになります。それによって要支援・要介護の認定が決定すれば、介護サービスを受けることができます。どの様な種類の介護サービスがあるのか解説していきましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »