1. »
  2. »

No.44 介護現場での事故報告書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業所において、サービス提供中に事故が発生した場合、所在する市町村へ報告する義務があります。今回は、私が経験した事故事例も交えて、事故報告書の書き方について解説しましょう。

事故を起こさないためにはヒヤリハット報告書が重要

最近では、どの企業でも注目されてきた「ヒヤリハット」ですが、事故にはならなかったものの、一歩間違えば事故につながる恐れがある行動や介助方法を「ヒヤリハット」といいます。

介護現場では、未然に事故を防止するためのリスク管理をするために、ヒヤリハット報告書を提出して、その事例を他職種も含めたスタッフで「どの様にしたら事故が起きないか」などの対策方法を検討して、それを全員で共有し今後の介助に繋げます。

もしも事故が起きてしまった場合、事故報告書は市町村などの行政機関に提出しますが、行政側は事故に対して、適切な対応や再発予防策が行われているのかをチェックし検証します。

事故報告書に、実際に起きた事故の内容や対応を正確に書くことも大事ですが、毎日のケース記録や看護記録にも必ず書きましょう。

記録の書き方のポイント

事故報告書の書き方は、基本である「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どの様に」に従って、自分の主観を入れずに「見たままを客観的に書く」「できるだけ短く」書くことが大事です。

報告書は、事業所の職員だけでなく家族や行政の方も見ますので、理解できるように書かなければいけません。また、分かりづらい専門用語などは、使わないようにしましょう。

体験事例からみた報告書の書き方

私が施設で勤務していたころに、事故が起きた時の体験を参考に事例を書いて、報告書の書き方を紹介しましょう。

◎事例
夜勤帯で定期的に巡回していると、トイレの中で「うーうー」という声が聞こえたので、トイレに行ってみると便器の前で倒れているAさんを発見した。直ぐにナースコールを押して看護師を呼んだ。車イスにはブレーキがかかっていない、その間、利用者に声掛けして状態確認をする。しばらくすると看護師が来て、バイタルチェックやケガなどないか確認する。

トイレが済んで立ち上がり、車いすに座ろうとしたが滑り落ち、車イスのブレーキの掛け忘れが転倒したことが原因と思われる(推測)

本人から聞くことができない場合、このような推測などの主観は、最後に書くとよいでしょう。

◎報告書の書き方の例
【いつ】夜間2時の定期巡回で
【どこで】トイレの便器前
【どのように】横向きに倒れている
【だれ】利用者Aさんを発見する
【なにをした】直ぐにナースコールで看護師を呼ぶ、その間、利用者Aさんに声掛けし状態観察する。看護師にてバイタルチェックと全身の状態観察をする。バイタルサイン測定異状なし、特に目立った外傷なし。

※ありのまま見たままを客観的に書くのがポイントです。

■まとめ

介護事業所において、日々の介助中での「ヒヤリハット」について話し合うことは、事故の予防策やリスクを回避するために、介護職員だけでなく全職員が共通理解を持って、できるだけ重大事故につながらないようにしたいものです。

Facebookでシェア 3 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

神戸市のオススメ介護職求人

正社員医療法人社団大智会 介護老人保健施設アトレーユうおざき
兵庫県 医療法人社団大智会 介護老人保健施設アトレーユうおざき
施設介護老人保健施設
クリニックが母体の安心の環境★好待遇で働きやすさ抜群の環境です♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市東灘区魚崎南町3-7-18
正社員社会福祉法人 神港園 神港園シルビアホーム
兵庫県 社会福祉法人 神港園 神港園シルビアホーム
施設特別養護老人ホーム
各種手当充実しています★嬉しい定年65歳です!マイカー通勤OK★
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市西区神出町東1188-345
正社員医療法人社団 菫会 介護老人保健施設 名谷すみれ苑
兵庫県 医療法人社団 菫会 介護老人保健施設 名谷すみれ苑
施設介護老人保健施設
応募資格は介護福祉士のみの希少な日勤常勤求人♪オススメの求人です★
【募集職種:介護職・ヘルパー】
兵庫県神戸市垂水区名谷町字梨原2350-1

おすすめコラム

介護サービスでケアマネが行うアセスメントの手法とは?
No.12 介護サービスでケアマネが行うアセスメントの手法とは?

介護福祉分野において介護支援専門員(以下ケアマネジャー)は、ケアプランを作成する専門職です。今回は、その作成をしていく段階で重要な「アセスメント」の手法について解説していきましょう。

続きを読む
介護の着脱介助方法の注意点とズボンの履かせ方のポイント
No.59 介護の着脱介助方法の注意点とズボンの履かせ方のポイント

介護の業務には「着脱介助・排泄介助・移乗介助・移動介助・食事介助・入浴介助」と色々ありますが、最初のうちは、要領を得ないと難しいものです。今回は、着脱介助・片麻痺の方のズボンの履かせ方の「コツや注意点」について、解説していきましょう。

続きを読む
2025年問題に対する介護の課題
No.9 2025年問題に対する介護の課題

最近、テレビやマスメディアで、よく耳にする介護の2025年問題ですが、皆さんは、どの様な問題なのかご存知でしょうか?今回は、2025年問題とはどの様なことなのか解説していきましょう。

続きを読む
介護保険改正で何が変わった?
No.24 介護保険改正で何が変わった?

介護保険がスタートとして19年目になりました。これまで5年に1度の大きな見直しと、3年に1度の小さな改定が行われてきました。ここでは、介護保険改正の歴史を踏まえて、特に2018年の最新の改正の要点について解説します。

続きを読む
衣服の着脱に気をつけたい介護の仕方(着脱介助)とは?
No.15 衣服の着脱に気をつけたい介護の仕方(着脱介助)とは?

入浴時や、毎朝の衣服の交換で必要になってくるのは「着脱介助」です。特に麻痺がある方でしたら時間もかかりますし、新人にとってはとても難しい介助です。今回は、着脱介助について解説していきましょう。

続きを読む
介護の面から考える2025年問題
No.35 介護の面から考える2025年問題

皆さんは、介護の2025年問題についてご存知でしょうか?「どんな問題なの?」と思っている方のために、今回は2025年問題について詳しく解説してみたいと思います。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »