1. »
  2. »

No.122 介護士のたん吸引には喀痰吸引等研修修了が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喀痰(たん)吸引は、医療行為で本来医師や指示を受けた看護師にしか行えません。喀痰吸引は、身体に重大な影響を及ぼす事がありきちんとした知識や技術、経験を積んだ人にしか出来ない為です。しかし、近年は法律により一定の研修を修得修了した介護職員も行う事が認められています。

喀痰吸引等制度

喀痰吸引はこれまで法律上の医療行為とされ例外を除き医師と医師の指示の下で看護師、准看護師だけが行えましたが、平成24年の社会福祉士及び介護福祉士法の改正により一定の研修を受けた介護職員等が法的に定められた教育及び条件の下で、たんの吸引と経管栄養ができるようになりました。

必要な条件と認証

〇実務者研修と喀痰吸引等研修修了者
喀痰吸引などを実施するには次の事を満たしている必要があります。

  • 実務者研修や喀痰吸引等研修を修了後の介護職員である事
  • 研修後に認定証交付を受けている者
  • 医療行為を実施する施設や事業所が喀痰吸引等事業者の受入登録をしている事

喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修は法改正により介護職員でも研修を修了したら喀痰吸引と経管栄養を実施できる新しく制定された資格です。

〇喀痰吸引等研修で取得できる行為
実務者研修や喀痰吸引等研修の修了後にできる医療行為は下記の通りです。

【喀痰吸引】
・口腔内喀痰吸引
・鼻腔内喀痰吸引
・気管カニューレ内部喀痰吸引
口腔内と鼻腔内喀痰吸引については、咽頭の手前までが許容限度になります。
【経管栄養】
・経鼻経管栄養
・胃ろう経管栄養
・腸ろう経管栄養
【不特定多数の人】
・鼻腔内のたん吸引
・気管カニューレ内部のたん吸引
・口腔内のたんの吸引
・経鼻経管の経管栄養
・胃ろう又は腸ろうの経管栄養
【特定の人】
・筋ジストロフィー
・心身障害者、療養患者
・高位頚髄損傷
・遷延性意識障害
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)又は神経、筋疾患

喀痰吸引等研修の種類

喀痰吸引等研修は第1号研修〜第3号研修があり選択する内容によって研修が変わります。

〇第1号研修
主にたん吸引と経管栄養の研修を行い研修修了後、不特定多数の人にたん吸引などを行う事ができます。
〇第2号研修
喀痰吸引等研修の中から選択して修了後に、医療行為を1号と同じく不特定多数の人に実施できます。
〇第3号研修
第3号研修は特定の人に対して必要な行為が実施できる研修です。主に訪問介護員や特別養護老人ホーム、特別支援学校教員、介護施設などで働く者を受講対象にしていますが医療行為をする場合は第3号研修の修了が必要です。
■まとめ
医療ケアが必要な利用者は施設・在宅を問わず増え、それに対応できる人材は少なく、これからはたん吸引や経管栄養といった医療ケアもできる介護職員としてのスキルは場所を選ばず求められています。喀痰吸引研修は就職の際にも有利になりますので研修受講検討をしてみてはいかがでしょうか。
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ介護職求人

正社員有限会社 プラム グループホームももの里
福岡県 有限会社 プラム グループホームももの里
施設グループホーム
須恵町にある、グループホームでのお仕事紹介です!!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県糟屋郡須惠町佐谷1181-5
正社員医療法人三芳会 介護老人保健施設グリーン・ヒル若松
福岡県 医療法人三芳会 介護老人保健施設グリーン・ヒル若松
施設介護老人保健施設
北九州市若松区にあります、老人保健施設での介護士求人になります♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県北九州市若松区大字小敷146
正社員医療法人つくし会病院 つくし会病院
福岡県 医療法人つくし会病院 つくし会病院
施設病院
大野城市乙金にある、療養型の看護助手求人となります♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県大野城市乙金3-18-20

おすすめコラム

要介護認定における介護の区分(等級)
No.20 要介護認定における介護の区分(等級)

介護保険における介護度の区分は「要支援1から要支援2」「要介護1から要介護5」と心身の状態に応じて7段階に分けられています。その7段階に区分される介護の等級はどのように決まるのか、その流れについて解説していきましょう。

続きを読む
介護のどのような状態のことを「要支援」というのか
No.83 介護のどのような状態のことを「要支援」というのか

介護の度合いを「要介護度」と言います。介護保険で利用できるサービスは、その度合いにより異なります。「要介護認定」は介護の度合いを判定したものです。介護の「要支援」とはどういう状況で、どんなサービスを受ける事が出来るのか見ていきましょう。

続きを読む
介護ストレスとは? ~その対策と解消方法を考える~
No.36 介護ストレスとは? ~その対策と解消方法を考える~

超高齢化の日本において、自宅(在宅)で親の介護、または、老老介護をしていて、どの様なストレスを感じているのでしょうか。介護の対策とストレスの解消方法について解説しましょう。

続きを読む
大学生の皆さん、介護のアルバイトをしてみませんか?
No.70 大学生の皆さん、介護のアルバイトをしてみませんか?

将来福祉の仕事がしてみたい、介護の仕事に興味があるという学生の方、福祉系の大学に通っている人もそうでない人も、アルバイトという形で介護の現場に携わることができます。 今回は、介護福祉士の国家資格を取得する方法などを紹介していきます。

続きを読む
介護ランクの状態区分とは?
No.94 介護ランクの状態区分とは?

高齢になると、生活環境などによって身体の状況は変わりやすいものです。もしも高齢者の介護が必要になった場合は、どのようにすればいいのでしょう。 今回は、介護サービスを受けるための要支援・要介護の状態区分の目安を調べていきたいと思います。

続きを読む
介護福祉士とケアマネージャーの違い
No.109 介護福祉士とケアマネージャーの違い

介護福祉士とケアマネージャー、共に介護現場で働く仕事です。超高齢社会の日本で介護に携わる人の需要は増すばかりです。今回は介護現場で中心的な役割を果たす、介護福祉士とケアマネージャーの違いについて解説します。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »