1. »
  2. »

No.158 介護士にできることで収入アップにつながるものは何か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国が認めた、介護士のできること。それは、現場のニーズに応えるだけでなく、収入アップにもつながります。介護士は、どんなことができるのか。そして、職場と介護士双方にどんなメリットがあるのか。できるためにはどんな条件が必要なのか、ご紹介します。

介護現場のニーズ

介護士は、専用の医療器具で鼻・口・気管カニューレから「痰(たん)」をとりだすことができます。これを「喀痰吸引」といいます。このケアは、医療行為です。

なぜ痰をとりだすのかというと、高齢者はせきをして痰を外へ出す力が弱くなるため、介助が必要だからです。

痰は、体内の異物を排出しようとする働きです。これが上手くできないと、肺炎にかかりやすくなってしまいます。高齢者がこの病気にかかると脳卒中・心臓の病気・認知症・糖尿病・足腰の衰えなどのリスクが生じてしまいます。

喀痰吸引は、介護現場で求められているケアです。介護士がこのケアをできることによって、現場での人材不足をおぎなうことができます。

喀痰吸引ができる介護士のメリット

介護士が喀痰吸引ができると、以下のようなメリットを受けることができます。

(1)収入がこれまでよりも多くなる可能性があります。介護職の給与は基本給プラス「資格手当」がつくのがほとんどなので待遇面での変化がみこめます。

(2)介護業務に加え医療ケアも対応できる、貴重な人材となります。それによって、やりがいや自信をもつことができます。

(3)実践的で役立つ資格なので、キャリアアップだけでなく介護の転職にも有利です。

喀痰吸引を介護士ができる条件

介護士が、喀痰吸引を行うためには条件が2つあります。

◎条件1 事業所が都道府県にて登録を受けている
働いている事業所が都道府県にて登録を受けていなくてはなりません。(医療機関は対象外です。)
◎条件2 喀痰吸引の養成課程または研修を受けていること
介護士個人の条件としては、平成27年4月以降に養成課程を受けている必要があります。

それ以前の介護士資格保持者は、各県の登録研究機関にて研修を受けることにより「認定特定行為業務従事者認定証」が、交付されます。機関などについては、各県のホームページから確認しましょう。

喀痰吸引ができるためには、喀痰吸引等研修と試験に合格する必要があります。試験に出る内容は、すべて講義内で習うものです。資格取得の難易度は比較的低く、基本的には合格するものといえるでしょう。

資格取得のためには、無資格の場合15万円から20万円の費用が必要となります。そのためぜひ現在の職場に「資格取得支援制度」があるか確認しましょう。費用の負担が軽減される場合もあります。制度がある場合は、積極的に活用しましょう。

■まとめ
○喀痰吸引ができることで、現場での人材不足をおぎなうことができる。
○収入アップやキャリアアップも見込める。
○喀痰吸引は、事業所が県から登録を受けていることと介護士が資格を取得していることが条件。
カンタン!1分登録! 無料 転職サポートに登録する
Facebookでシェア 0 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

大阪府のオススメ介護職求人

正社員医療法人大泉会 介護老人保健施設だいせん
大阪府 医療法人大泉会 介護老人保健施設だいせん
施設訪問介護
残業少なめ!中区の事業所にてサービス提供責任者の募集です!
【募集職種:サービス提供責任者】
大阪府堺市中区土塔町155-1
正社員SOMPOケア株式会社 そんぽの家 岸里
大阪府 SOMPOケア株式会社 そんぽの家 岸里
施設有料老人ホーム
【西成区】大手企業で安定性抜群◎正社員の介護職員の募集です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
大阪府大阪市西成区潮路1丁目5-28
正社員SOMPOケア株式会社 そんぽの家S 桃山台
大阪府 SOMPOケア株式会社 そんぽの家S 桃山台
施設サービス付き高齢者向け住宅
【豊中市】大手企業で安定性抜群◎正社員の介護職員の募集です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
大阪府豊中市上新田3丁目6-9

おすすめコラム

介護士としてやりがいを感じるのはどんな時なのか
No.137 介護士としてやりがいを感じるのはどんな時なのか

多くの方が介護職はハードできついというイメージを持っていることでしょう。しかし、どんなに大変な仕事でも、やりがいや喜びを見つけられたらモチベーションがアップします。今回は、介護士のやりがいについて考察していきます。

続きを読む
介護・介助の意味 ~介助の注意するポイントとは?~
No.29 介護・介助の意味 ~介助の注意するポイントとは?~

介護と介助この双方の言葉の意味は何が違うのか、よく分からない方も多くいるのではないでしょうか。今回は、介護と介助の違いと実際の介護現場で介助する際の注意点について書いてみました。

続きを読む
どう影響する?介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは
No.150 どう影響する?介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは

介護士の人手不足や労働環境の悪化に伴う離職率の上昇は、常に危惧されています。そんな中で立ち上がった国のプロジェクト「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」は、介護士や施設(事業所)にどう影響するのか。同制度について簡単に解説します。

続きを読む
介護の面から考える2025年問題
No.35 介護の面から考える2025年問題

皆さんは、介護の2025年問題についてご存知でしょうか?「どんな問題なの?」と思っている方のために、今回は2025年問題について詳しく解説してみたいと思います。

続きを読む
介護保険の法改正の現状と課題
No.67 介護保険の法改正の現状と課題

2000年に始まった介護保険ですが、3年に1度の改正で2018年に第7期の改正がありました。今回は、介護保険改正で何が変わったのか、また2019年現在の介護の現状と課題について考えていきましょう。

続きを読む
介護福祉士と看護師の大きな違いは何?
No.62 介護福祉士と看護師の大きな違いは何?

施設介護においては、介護士と看護師などの配置が義務付けられていますが、両者の違いとは、どのようななものでしょうか?今回は、施設で働く介護福祉士と看護師の業務内容や役割の違いについて考察してみましょう。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »