1. »
  2. »

No.148 介護士のピアス、身だしなみとして

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護士という理由で、ピアスをつけて良いか悪いかの判断は難しい所ではあります。一般の会社員でも、ピアスを業務中に外さなければならない職種があるのは当然です。ピアスはあくまでファッションとしてつけるものですので個人の嗜好の問題です。今回は介護士として業務する場合に限って考えてみましょう。

介護士の身だしなみ

介護士という仕事柄身だしなみは大事です。その服装から髪型など特に気を付けたい部分ではあります。その基準となるものの、一番大切なものは利用者に不快感を与えないという事です。

介護という仕事は、利用者との距離が近く、直接身体に触れる事もあるものです。その為、特に服装や髪型・髪の色には清潔感があるものが求められます。清潔感という言葉はその人の感性により解釈が難しいものです。

しかしながら共通して言えることは、着用する服などは汚れやしわなどがなく、女性の場合などは、下着が透けて見えるものも好ましいとは言えません。また服装の色にも配慮がほしいものです。黒などは縁起が良くない事を連想しがちですので避けるべきでしょう。

また介護の現場での作業を考えた時、身体の動きが妨げられにくいストレッチ性・伸縮性のある素材の服が良いでしょう。また利用者がふいに身体に触れた際、ポケットなどに指先などが入る危険性も考えてポケットも少ない服が望ましいです。

介護士のファッション

次いで、アクセサリーや爪などファッションについても気を払うことが重要です。特に爪は長く伸ばしネイルアクセサリーなどをしていては、利用者の身体を爪で傷つける恐れもありこれはNGです。介護の仕事の上ではお洒落は必要ありません。

アクセサリーをつける一番の理由は、やはりお洒落の為なので、介護の世界では必要のないものと言えます。首元から伸びたネックレスや大きすぎる指輪それと同じ理由でピアスも不要なものと言えます。

勤務時間外にこれらを着用する事は、何の問題もありませんが、職務中はやはり利用者の身体を少しでも傷つける可能性があるものは排除すべきだと思いますし、介護施設では職務規定で禁止されているところもあります。

最近では、男女問わずピアスをつけておられる方も多くなりましたが、介護の世界ではつけない事が、最も大事で美しいファッションと言えるのかも知れません。介護職で許されているものとしては、結婚指輪程度しか許容範囲とは言えないのが実情ではないでしょうか。

職務に不要であり、利用者の身体や気持ちを害するものは、介護現場には必要ありません。介護職は、常に利用者の心と身体に寄り添い、安心と安全を提供するものでなければその意味が問われてしまいます。

■まとめ
介護職は、制限が多いように感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、介護とは、人が人に対して行なうものである以上、相手の心や感情を害する事があってはならないと思います。身体の介護だけにとどまらず、相手に寄り添う介護こそが一番の介護と言えます。
心などは目に見えないものですが、服装や装飾品などにその内面的なものが映し出されるものです。自身での判断ではなく、第三者からみてどうかという事をチェックしていただくのも、良い判断基準になると思います。
Facebookでシェア 1 Twitterでシェア
お悩み解決コラムTOP

福岡のオススメ介護職求人

正社員医療法人三井会  ヘルパーステーション「きらら」
福岡県 医療法人三井会  ヘルパーステーション「きらら」
施設訪問介護
久留米市北野町にある、施設内訪問介護の求人となります♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県久留米市北野町八重亀382番地1
正社員社会福祉法人ほほえみ ショートステイ第2なごみの森
福岡県 社会福祉法人ほほえみ ショートステイ第2なごみの森
施設その他
充実した福利厚生!教育体制も整っており、未経験の方でも安心♪
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県久留米市城島町大依306番地
契約社員社会福祉法人創生会 介護老人保健施設M.T奈多ケア院
福岡県 社会福祉法人創生会 介護老人保健施設M.T奈多ケア院
施設介護老人保健施設
残業少なめでオンオフのメリハリをつけて働くことが出来る環境です!
【募集職種:介護職・ヘルパー】
福岡県福岡市東区雁の巣1丁目7番30号

おすすめコラム

介護・介助の意味 ~介助の注意するポイントとは?~
No.29 介護・介助の意味 ~介助の注意するポイントとは?~

介護と介助この双方の言葉の意味は何が違うのか、よく分からない方も多くいるのではないでしょうか。今回は、介護と介助の違いと実際の介護現場で介助する際の注意点について書いてみました。

続きを読む
家族介護で知っておきたい認知症の進行段階
No.33 家族介護で知っておきたい認知症の進行段階

高齢者が増加して、認知症になる高齢者も増えています。厚生労働省の予測では、2012年には軽度認知症も含めると462万人であったが、2025年には約700万人時代が到来するだろうとの推計です。今回は、認知症の段階的な症状について解説していきます。

続きを読む
介護問題や現状から見る課題
No.80 介護問題や現状から見る課題

少子高齢化が進む現在の日本社会は、福祉や介護についての問題と現状が課題になっています。今後の福祉介護職の課題について調べていきましょう。

続きを読む
介護動作で見る起こし方の基本
No.63 介護動作で見る起こし方の基本

ベッドから起こす移乗動作は体格が大きい方や麻痺がある場合は、新人の介助者にとってかなり難しい介助の一つです。移乗動作の基本を知り、安全な介助方法を解説していきましょう。

続きを読む
臥床(ねどこ・がしょう)から学ぼう!介護のノウハウ
No.90 臥床(ねどこ・がしょう)から学ぼう!介護のノウハウ

介護や医療の現地では「臥床(ねどこ・がしょう)」という言語を良く耳にしますが、正しい使い方についてご存知でしょうか?今回は、「寝ること・臥床」をテーマに、体の不自由な方への介護の手順や必要性について解説していきたいと思います。

続きを読む
「2025年問題」で影響を受ける介護業界
No.104 「2025年問題」で影響を受ける介護業界

少子高齢化と呼ばれている現代ですが、6年後の2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となります。いわゆる「2025年問題」が到来し、全てのものに影響を及ぼすと言われています。その影響は医療の現場や介護の現場も例外ではありません。

続きを読む
理想の職場を見つける
介護職求人・転職情報ケアジョブ】をご覧の方へ

ケアジョブは、あなたのご希望に合った求人が見つかるまで、担当のキャリアアドバイザーがしっかりと対応いた します。有給休暇取得率や残業、離職率など、なかなか聞きづらい情報も私たちケアジョブがヒアリングをもとに、 より詳細な情報をお届けすることに努めています。お仕事の紹介はもちろんのこと、ご入職後の疑問や不安も含め、 あなたの転職活動を全面的にバックアップいたします。

非公開求人もご紹介できます tel
  1. »
  2. »